どうせ売るなら高く売りたい!売り方のコツ!

着物専門の買取店で売る

着物に限らないことですが、売りたい商品の正しい価値を知りたいなら専門の鑑定士に査定を依頼するのが確実です。例えば、骨董品の価値って素人目にはよく分からないですよね。ただの古い茶碗に数百万円の価値が付いたりしますからね。着物にも同じことが言えて、とても高価な着物でも着物の知識に乏しい人に査定されれば二束三文で買い取られる恐れがあるんです。
こうしたトラブルを避けるためにも着物に精通した鑑定士がいる着物専門の買取店で売るべきなんです。
ただ着物に詳しくて売りたい着物の相場も分かるという人なら、オークションやフリーマーケットで売ったほうが手間はかかりますが高値で売れる可能性があります。着物に余り詳しくないなら、着物専門の買取店を利用するのが無難ですね。

まとめ売りを活用する

着物の買取価格に大きな影響を与えるのが保存状態で、当然保存状態の良い着物のほうが高く売れます。ただ、着物の保存状態の良し悪しは日頃のたたみ方、保管の仕方などに左右されます。
保存状態を改善するには時間と手間がかかりますが、すぐに実践できる高く売るコツもあるんです。それがまとめ売りで、着物買取店の中にはまとめ売りで買取額がアップする店も存在するんです。ちなみに着物だけでなく帯や帯紐などの和装小物もまとめ売りの対象になるので、着物を余り持っていない人でも活用できます。
また、季節の需要に合わせて査定に出すのも高く売るコツです。例えば浴衣や夏結城などの夏向けの着物は6月ぐらいから需要が増えるので、それに合わせて売れば高値がつくかもしれません。